FC2ブログ
.
.
.
.
.

男性の「困ったプライド」と対処方法
幸せな恋愛、幸せな結婚…幸せになる為の悩みを解決!あなたの願いを叶える答えが見つかります。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


.
.
.
.
.
2014/01/17(金)
男性の「困ったプライド」と対処方法





「プライドが高い男ってやっかいだよね」という友人の言葉で始まった先日の女子会。

「どうして“教えて”の一言が言えないのかな?」「無駄なプライドがあるからやっかいなんだよね」など、男性たちの“困ったプライド話”が次から次へと飛び出した。どうやらみんな苦労している様子。

男性たちの“困ったプライド”の中には、コンプレックスの裏返しや、ただの見栄としか思えない場合も多い。どんな風に接すればいいのだろうか?

*
■時にはスッキリと打ち砕くべし!「教えて下さい」が言えない男のプライド

真智子さん(28歳・食品メーカー)を悩ませているのは入社3年目のN君(26歳)。「自分が苦手な仕事は後回しにして、後輩に押し付けるんです」と真智子さん。N君は変にプライドが高く素直に「教えて下さい」の一言が言えないため、苦手なことはいつまでたってもできないままなのだ。

N君のようなタイプは、誉めて育てられた高学歴男性に多いらしい。人に頭を下げるのが嫌という人もいれば、その仕事ができないことを周囲に知られるのが嫌という人もいる。また、中には教えてもらおうとした相手から酷いことを言われた体験がトラウマになっている場合も……。
とはいえ「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」。社会経験が浅い20代男性ならば「仕事について聞かなければ、いつまでも覚えられないまま。このままだと後輩にだって先を越される」など核心をつく言葉で、その薄っぺらいプライドを打ち砕くのがいいだろう。「教えてください」と言うことは恥ではないことをきちんと伝えたい。

ただし、年上の同僚や上司の場合はやっかいだ。変にへそを曲げられても困るし、薄っぺらいプライドを打ち砕いた結果、返り討ちにあう可能性もある。やはりこちらが大人になってサポートしながら必要なことを説明していくのが無難だろう。面倒ではあるが、信頼関係ができると「教えて」の一言も言いやすくなるし、職場全体の雰囲気も良くなるので、自分にとってプラスになることも多い。


■女性に負けたくない男の“困ったプライド”は、野良猫の警戒心と似ている?

職場で女性には負けたくないと思っている男性は多い。景子さん(38歳・電子部品メーカー)が困っているのは中途入社のYさん(30歳)の“困ったプライド”。

「私は、Yさんたち営業のサポートをしています。発注内容や製造スケジュールのチェックをしていて、彼らの仕事のミスを見つけることもありますし、製品情報やスケジュールを説明することもあります。ところが、Yさんは女性の私から言われるのが気に入らないんですよ。気軽になんでも聞いてくれればいいのに。なんでそれができないんでしょうか?」と景子さんは話してくれた。

Yさんの器の小ささは否めないだろう。とはいえ育ってきた環境も深く関わっているので簡単に打ち砕けるものでもない。

この手のプライドを解消させるには、相手が失敗したときこそチャンスだ。非難するのではなく、フォローやサポートをして信頼関係を築いていく。少々時間はかかるかもしれないがその積み重ねが大切だ。


ところで、原稿を書いていてふと思い出したのは野良猫の餌付け方法。Yさんは人を警戒する野良猫と似ているような……。そう思えば男性たちの“困ったプライド”も可笑しく思えてくる。




関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL
http://happychic.blog.fc2.com/tb.php/61-a6ef033d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 幸せの教科書 All rights reserved. | 

まとめ / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。